ボクシング日本女子初の五輪決めた並木月海&入江聖奈が決勝進出…アジア・オセアニア予選

 ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は10日、アンマンで準決勝が行われ、9日にそろって日本女子初の五輪出場を決めたフライ級の並木月海(21)=自衛隊=、フェザー級の入江聖奈(19)=日体大=が11日の決勝に進んだ。台湾選手と対戦した並木は、試合途中の相手の棄権により勝ち上がった。入江は韓国選手に5―0の判定勝ち。東京五輪で日本女子の開催国枠は2階級。並木、入江が自力で獲得したため、他の3階級は5月の世界最終予選(パリ)で獲得を目指す見込み。

 五輪を引き寄せたのは信頼する伝家の宝刀だった。準々決勝(9日)の最終ラウンド直前。153センチの並木の小さな体を後押しするように、日本選手団の声が響いた。「勝負だぞ。攻めろ」。21歳のサウスポーにさらに火がつき、猛然と仕掛けた。何度も機敏に踏み込んで左ストレートを顔面に放つ。相手より低い身長を生かして懐に入った。「全てをあの左ストレートにかけた」と度胸も十分。タイ選手を相手にジャッジ5人全員の支持を集める判定勝ちに、笑顔とともに涙が浮かんだ。

 キックボクサーとして活躍する那須川天心(21)の幼なじみで、小学生の時には空手で対戦したこともある。今もお互いに頂点を目指す仲間として切磋琢磨(せっさたくま)する。中1の頃に「普通の女の子になりたい」と1年間格闘技から離れたが、充実の時間を求めて再開したのがボクシング。「(普通の女子に)戻らなくて良かったかな」。照れ笑いを浮かべ、拳を見詰めた。

 ◆並木 月海(なみき・つきみ)1998年9月17日、千葉県出身。21歳。花咲徳栄高卒。幼稚園から空手を始め、内山高志氏に憧れて、中学生からボクシングを始める。18年世界選手権フライ級銅メダル。153センチ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請