Jリーグ18日再開を断念…村井満チェアマン、4・3を「目指して全力」

新型コロナウイルス対策連絡会議を終え、記者会見するJリーグの村井チェアマン
新型コロナウイルス対策連絡会議を終え、記者会見するJリーグの村井チェアマン
Jリーグ今季の流れ
Jリーグ今季の流れ

 Jリーグは9日、リーグ戦の中断期間を延長し、4月3日の再開を目指す方針を固めた。3月18日の再開を一つの区切りとしていたが、日本野球機構(NPB)との「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家からの提言を受け、全クラブの代表者とウェブ会議を行い、延期を決めた。12日の理事会で正式に決まる。再開可否については3月下旬に判断する。

 村井満チェアマンは「4月3日の再開を目指して、全力を尽くして努力していこうと申し合わせました」と話した。連絡会議で識者から「(再開の)延期が望ましい」との意見を受け、すぐに各クラブと会議を行った。国民の健康を守る軸で判断し、再開へ向けて努力していく考えを共有。サポーターにも来場前の検温や消毒など協力を仰ぎ、努力を進めていく。

 これ以上の延期は日程崩壊を指す。4月3日に再開できなかった場合、「その際には、従前にないような判断をしなければいけなくなる可能性もあります」とチェアマン。例にはルヴァン杯、J1、2、3の昇降格の大会方式の変更や、国際Aマッチウィーク中のリーグ戦開催などを挙げた。その場合一番避けたい無観客試合での開催も視野に入れていくという。

 「(再開は)我々だけの判断では難しいのだろうと思っています。ただ、再開をできるような状況にしておくのが、我々の責任ですので、まずは4月3日に向けて努力したい」。中断期間延長の決断は重い。再開へ向けてサッカー界を挙げて、できることから取り組んでいく。

新型コロナウイルス対策連絡会議を終え、記者会見するJリーグの村井チェアマン
Jリーグ今季の流れ
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請