プロ野球公式戦開幕延期、CS中止も…20日断念「4月中を目指す」

会見する斉藤コミッショナー(右は巨人・今村球団社長、左はオリックス・湊球団社長=カメラ・森田 俊弥)
会見する斉藤コミッショナー(右は巨人・今村球団社長、左はオリックス・湊球団社長=カメラ・森田 俊弥)
20日に予想された開幕投手と開幕カード
20日に予想された開幕投手と開幕カード
プロ野球今季の流れ
プロ野球今季の流れ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月20日に予定されていたプロ野球の公式戦開幕が延期されることが9日、決まった。今後は4月中の開幕を目指し、感染防止策などを進める。延期に伴う日程再編を巡っては、斉藤惇コミッショナー(80)が、「お客さんを入れて143試合行うことを最優先したい」と明言。レギュラーシーズン全試合の実施を目標に、クライマックスシリーズ(CS)を中止して延期分の日程を確保する案が急浮上した。

 終息の気配が見えない新型コロナウイルスの猛威を受け、プロ野球が開幕延期を決断した。NPBとJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議で、専門家チームから「開催延期が望ましい」という見解が示され、直後に12球団代表者会議を招集。全会一致で「3・20」からの延期を決めた。

 専門家が延期を提言した理由は、感染拡大が続く現状と、各球団の準備期間不足の2点。感染拡大防止策として12球団はオープン戦を無観客試合で実施してきたが、開幕まで2週間を切っても終息の見通しは立たなかった。東日本大震災が起きた11年以来の開幕延期が決まり、斉藤コミッショナーは、「選手、スタッフ、家族を守り、何よりファンの皆さまを守りたい。同時にプロ野球という文化も守らなければならない。そのための決断」と、断腸の思いを言葉にした。

 開幕のタイミングは今後の状況次第だが、斉藤コミッショナーは「遅くとも4月中にはできることを目指している」と話し、6試合が予定されている4月10、14日が候補に挙がりそうだ。延期に伴う日程再編については、「お客さんを入れて143試合行うことを最優先したい」と、公式戦全試合の実施が12球団共通の考えと説明。その場合11年と同様、未消化の試合をシーズン終盤などに振り替えて行う可能性が高い。無観客試合は「最後の最後の選択。ほとんどあり得ないに近い選択」とした。

 143試合実施に向けては、CSを中止して延期分の公式戦を実施するプランが有力視される。今季は東京五輪開催に伴い7月21日から8月13日が公式戦中断期間。例年に比べ開幕が1週間早く、日本シリーズ終了は2週間遅い。雨天中止などに備えて10月中旬に約10日間の空白があるが、延期が一定期間に及んだ場合全試合の消化が厳しくなる。

 今季のCSは第1ステージ(S)が10月24日開幕、最終Sが同28日開幕を予定。開催を断念した場合、同期間に各球団が公式戦を10試合以上消化できる。10月中旬から11月上旬にかけて20日以上の余裕が生まれるため、143試合実施へ実効性のあるプランと言える。

 窮余の策としては、日本シリーズの日程を遅らせる案や、五輪休止期間で競技が行われない序盤と終盤に公式戦を行うプランも浮上。代表者会議の出席者からは、選手会の了承が必要と前置きした上で、「12月までやってもいいのでは」という声も上がった。「窮屈なスケジュールの中で、延ばすところは延ばす、カットするところはカットする、となってくる」と、斉藤コミッショナーは話した。

 12日には専門家チームから意見書を受け取り、12球団で開幕までのスケジュールなども話し合う予定。CS中止案を中心に据えつつ、非常事態を乗り越えるべく、知恵を出し合う。

 ◆開幕へのハードル

 ▽感染者が減る 専門家チームは開幕延期を提言した理由として、「現段階で感染者数が増加しており、増加を抑制できる見通しも立っていない」ことを挙げた。感染者の増減を判断する目安の一つとして提示されたのが、WHO(世界保健機関)でも用いられている「基本再生産数」。1人の感染者が何人に感染させるかを数値化したもので、一般的には「1」を下回れば感染は拡大しないとされる。

 ▽ファンを守る 球場、スタジアムに集まる観客の感染リスクを減らすことが必要。しかし、全国的に品不足が続くマスクや消毒液、センサーを使って体温を自動的に検出する装置などの物資の調達や、消毒作業を行う人員の確保など、一定の準備期間が必要だ。態勢を整えても感染リスクがゼロになることはないが、斉藤コミッショナーは「『われわれはベストを尽くしている』と言える状況」を目指すとした。

 ▽チームを守る 専門家チームは、ファンだけでなく選手、スタッフ、家族を感染から守ることを求めている。そのためにはファンとチーム関係者に対する感染予防策の周知徹底が必要で、物資や人員調達と同様に20日までの10日あまりでは時間が足りないと指摘した。

 ◆プロ野球の開幕延期 1950年の2リーグ制施行以降、悪天候など以外で意図的に開幕日を延期するのは、東日本大震災が発生した2011年以来2度目。11年は当初の3月25日から4月12日に延期され、未消化となった14~15試合をシーズン終盤などに振り替え。日本シリーズの開幕日も11月12日へ2週間延期された。

会見する斉藤コミッショナー(右は巨人・今村球団社長、左はオリックス・湊球団社長=カメラ・森田 俊弥)
20日に予想された開幕投手と開幕カード
プロ野球今季の流れ
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請