【浦和】DF山中、令和2年2月22日に結婚 当日の舞台裏明かす「区役所で6時間待たされて…」

練習後にビデオ通話で取材に応じた浦和DF山中
練習後にビデオ通話で取材に応じた浦和DF山中

 J1浦和のDF山中亮輔(26)が9日、先月27日に結婚を発表してから初めて取材に応じ、婚姻届提出当日の舞台裏を明かした。

 この日は非公開練習後にビデオ通話で取材に対応した。結婚相手の詳細は非公表だが「食事の面でも管理してくれているのですごく感謝している。サポート、期待に応えられるように試合で良いプレーを見せたい」と抱負。愛妻の得意料理を聞かれると「全部本当においしい。1つ(挙げるの)は難しいですね。リクエストすれば作ってくれる。栄養管理は彼女がやってくれているところが大きい」と幸せオーラ全開で語った。

 2020(令和2)年2月22日に妻と2人で婚姻届を提出した。「沖縄キャンプが終わって大安の日を探していて、たまたますごく人気の日に重なった」と“2づくし”の最高に縁起の良い日となったが、「すごく人気の日で、区役所で6時間くらい待たされた。整理券を配っていて、『3~4時間かかるから外に出ていい』と言われて…。大変でした」とドタバタぶりを振り返った。

 横浜Mから完全移籍した昨季は先発15試合にとどまったが、今季公式戦は2試合連続先発&アシストと絶好調だ。「去年は悔しい思いをしたので、今年にかける思いは強い。ゴールやアシストの数字を目に見える結果を出して、1つでも勝利に貢献したい」と言葉に力を込めた。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、Jリーグの公式戦は延期。18日を予定していた再開は再延期の見込みだが、「1つ1つの練習を全力でやることが大事。再開に向けて良いコンディションを作っていきたい」。中断明けの再スタートダッシュを誓った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請