プロ野球Jリーグのコロナウイルス会議 専門家「インフルエンザのように暖かくなれば消えていく感染症ではない」 

スポーツ報知
合同会見を終えて退室するプロ野球の斉藤コミッショナー(手前)と村井Jリーグチェアマン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)がタッグを組んで設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議が9日、都内で行われた。

 専門家からは「18日のJリーグ再開、20日のプロ野球開幕は延期が望ましい」との助言が行われた。

 専門家の一人である舘田一博(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は「新型コロナウイルス感染症は、インフルエンザのように暖かくなれば消えていく感染症ではおそらくありません。数か月なのか半年なのか1年なのか、あるいはもう少し続くのか、というタイムスパンで考えていく必要があります。ですから、いかに賢く対策を計画して対応を取っていけるか。感染症を限りなくゼロに抑える対策を考えていかないといけない」と話した。

 報道陣からは、このまま感染者数が増え続けた場合は、との質問が出た。専門家チーム座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授)は「現在、患者さんの数が急増している。準備をもう少し、しっかり行っていただきたい。患者さんがもっと増えていく可能性は否定できない訳ですけど、政府もこれから判断されるでしょうから総合的に判断していく時間をお願いしたい。患者さんが増える中で、選手の危機管理を徹底していただく中でやるのであれば、無観客の時期を一定期間設けるとか、感染の状況を見ながら(収容人数の)3分の1、2分の1と段階的に観客を増やしていくとか、柔軟な態勢も必要ではないかという議論も出た。全く開催できないという訳ではなく、状況の中で見ていこうということ」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×