宝塚歌劇、10日ぶりに再開…星組の千秋楽公演、ファンはマスク着用

宝塚歌劇星組千秋楽で公演を再開した兵庫・宝塚大劇場(カメラ・筒井政也)
宝塚歌劇星組千秋楽で公演を再開した兵庫・宝塚大劇場(カメラ・筒井政也)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、先月29日から上演を中止していた宝塚歌劇が9日、兵庫・宝塚大劇場で、星組「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」「Ray―星の光線―」の千秋楽公演を開演。10日ぶりに再開された。

 開場時の劇場エントランス手前では、複数のスタッフが観客の手のひらに消毒液を吹きつけ、入口には37・5度以上の発熱のある来場者を断るため検温する赤外線サーモグラフィーを設置するなど、物々しい雰囲気。大きな混乱は見られなかったが、グッズ売り場の「キャトルレーヴ」は午前11時に急に閉店になり、休業に切り替えなど、緊急の対応もあった。

 ファンはほぼ100%マスクを着用して会場へ。劇場外ではキャンセルチケットを待ちわびる人たちも多くいるなど、当日券は発売されなかったが、ほぼ満員とみられる。

 公演は礼真琴&舞空瞳の新トップ本拠地お披露目の千秋楽で、この日は1999年入団の専科スター・華形ひかるの退団セレモニーが行われる。神戸から観劇に来た女性は「いろんな劇場の中でも最初の再開。世間の目があると思いますが、ファンにとっては特別な公演。千秋楽だけでもやっていただき、歌劇団には感謝の気持ちでいっぱい。劇場では飲食をせず、除菌グッズもたくさん持ってきました」と話していた。

 10日には東京宝塚劇場で雪組「ワンス アポン ア タイム イン アメリカ」が再開。13日には兵庫・宝塚大劇場で、花組・柚香光(ゆずか・れい)の新トップ本拠地お披露目公演「はいからさんが通る」の初日を迎える。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請