プロ野球・斉藤コミッショナー 開幕延期「今の段階ではやむを得ない」

プロ野球の斉藤惇コミッショナー
プロ野球の斉藤惇コミッショナー

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が歴史的タッグを組んで設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議が9日、都内で行われた。

 専門家から「18日のJリーグ再開、20日のプロ野球開幕は延期が望ましい」との助言が行われた。

 正式にはこの日午後のNPBでの会議で12球団で議論して決められるが、NPBの斉藤コミッショナーは「開催する条件として先生方のお話がありましたように、一人の患者さんから罹患する率ですよね。これが1以下、だんだんマイナスになっていく姿が見えないとですね、たくさんお客さんが集まったら2とか3で罹患者が増えていく状況ではとても開催できない。開催するにしても最善の努力をした態勢を引かないといけない。体温を測る、球場を清潔にする人や用具、そういうものがある程度そろう条件がそろわないとベストを尽くしていますとは言えない。個人的には今の段階では延長やむを得ないと思っています」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請