花咲徳栄17年夏Vの岩瀬、社会人野球バンディッツに新加入…同級生の中日・清水&西武・西川に続く活躍誓う

新天地で意気込みを語った岩瀬
新天地で意気込みを語った岩瀬

 社会人野球のバンディッツ・ベースボールクラブ(富山市)に、花咲徳栄高(埼玉)出身の岩瀬誠良内野手(20)が加入した。遊撃手として活躍し、17年夏の甲子園で初優勝した経歴を誇る。岩瀬は「持ち味は守備範囲の広さ。バッティングでは相手が嫌がることをやっていきたい」と意気込んだ。

 強豪の花咲徳栄では2年からベンチ入りし、3年夏の甲子園では、9番打者として全6試合にスタメン出場。「県民の思いを背負い、プレッシャーも大きかった。貴重な経験をして、強くなれました」と振り返る。卒業後に入社した深谷組(さいたま市)では故障で苦しむ中、関係者の誘いを受け「新しい環境で練習したい」とバンディッツ加入を決意した。

 同級生から中日の清水達也投手(20)と西武の西川愛也外野手(20)がプロ入りした。「今まで一緒にご飯を食べていた仲間が、プロで活躍しているのは素直にうれしい。尊敬しています」と刺激を受ける。

 目標は都市対抗や日本選手権などの全国大会で勝利すること。2月末からチームに合流し「意識の高い選手が多いので、負けないようにスキルアップしたい」と岩瀬。大きな経験を糧に新天地で飛躍を誓う。(中田 康博)

 ◆岩瀬 誠良(いわせ・ともはる)1999年7月15日、千葉県出身。20歳。小学1年から野球を始めた。中学では千葉西リトルシニアに所属し、全国大会8強入り。175センチ、80キロ。右投右打。血液型B。好きな選手は西武の源田壮亮内野手。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請