スタート遅延トラブル「面白かった」と川内優輝は冷静に対応も25位止まり びわ湖毎日

スタートする川内
スタートする川内

◆びわ湖毎日マラソン(8日、滋賀・大津市皇子山陸上競技場発着=42・195キロ)

 残り1枠の東京五輪代表切符を争うMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子最終戦を兼ねて行われ、作田直也(25)=JR東日本=が2時間8分59秒で日本人トップの4位となった。ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソン(1日)で大迫傑(28)=ナイキ=がマークした2時間5分29秒の日本記録には3分30秒及ばず、大迫が3人目の代表に決まった。エバンス・チェベト(31)=ケニア=が2時間7分29秒で優勝した。

 日本代表選考レースはすべて終了。男子の代表は、昨年9月のMGC優勝の中村匠吾(27)=富士通=、同2位の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=、同3位で東京マラソン日本人トップの大迫の3人が決まった。MGC4位の大塚祥平(25)=九電工=、同5位の橋本崚(26)=GMO=が補欠となった。

 男子五輪代表選考最終レースのびわ湖は、あいにくの悪条件が重なった。朝から雨が降り、しかも、午前9時15分予定のスタートが、計測機器の不調で10分も遅れるアクシデントが発生。スタートの遅延が発表されるまで選手は約3分間も冷たい雨に打たれた。その後、一時、スタンド下に戻り、ストーブ前に集まった選手たちは「寒い…」と声を震わせた。

 スタートのトラブルに多くの選手が戸惑う中、フルマラソン103戦目、文字通り「百戦錬磨」のプロランナー川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=は「面白かったですね」と冷静に対応。風雨の中、行われた2018年ボストンマラソンを制した川内に適した条件がそろった。しかし、10キロ過ぎで先頭集団から遅れ、2時間14分33秒で25位に終わった。「5キロまで自分向きの展開と思ったが、スピードが足りなかった」と悔しそうにレースを振り返った。

 今後、川内が出場予定だった国内のレースが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が続出。「ボストンマラソンも入国制限がかかるかもしれないので、今後は読めない。どういう状況でも練習するしかありません」と神妙に話した。

 中村、服部、大迫の東京五輪代表3人には、経験豊富な川内らしいエールを送った。「3人とも力があるので頑張ってほしい。五輪のプレッシャーは大きいし、東京五輪自体が延期になるかもしれないという可能性もある中、別のプレッシャーもある。自然体で過ごすようにしてほしい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請