巨人がオリックスに執念ドロー…サンチェス4回途中4失点も丸5階席2ラン、岡本&亀井がタイムリー、オープン戦最下位脱出はお預け

6回2死一、三塁、亀井が同点適時打を放つ
6回2死一、三塁、亀井が同点適時打を放つ

◆オープン戦 オリックス―巨人(7日・京セラドーム大阪)

 巨人はオリックスと引き分け。オープン戦の成績は2勝6敗2分けとなり、最下位からの脱出はならなかった。

 巨人は3回、丸がオープン戦1号となる「京セラドーム5階席弾」の2ランで先制。先発したサンチェスは4回途中を4安打3四球の4失点(自責2)で逆転されたが、5回には主砲の岡本が8試合連続安打となる中前適時打で1点差に迫り、6回には亀井が同点打で試合を振り出しに戻した。

 巨人は2番手の沼田以降、沢村、古川、鍵谷、高木が無失点リレー。収穫と課題を手にしながら、3月20日の開幕戦(DeNA戦・東京ドーム)へ向かっていく。

試合結果

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請