西山朋佳三段「女性初の棋士」なるか 将棋の三段リーグ最終節始まる

西山朋佳三段
西山朋佳三段

 将棋の棋士養成機関「奨励会」第66回三段リーグ最終節の第17回戦が7日午前、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。現在12勝4敗で暫定3位の西山朋佳三段(24)が最終成績で2位以内に入ると、女性として史上初の棋士(四段)になる。

 将棋のプロは性別を問わない「棋士」と女性のみの「女流棋士」に制度が分かれる。棋士を養成する奨励会には、1961年入会の蛸島彰子女流六段(73)以降、59年間で西山を含む計20人の女性が挑んできたが、四段昇段を果たして棋士になった者は1人もいない。

 三段リーグは半年間にわたって各18戦を戦い、最終成績の上位2人が四段に昇段する。同星で並んだ場合は前期成績が反映される「順位」の上位者が上位となる。西山は今期リーグに参加している30人のうち唯一の女性。最終節では横山友紀三段(前節まで8勝8敗)と17回戦を、伊藤匠三段(同8勝8敗)と18回戦を指す。

 西山が昇段するには、自らの連勝が絶対条件。さらに暫定1位の谷合廣紀三段(13勝3敗)の連敗、または暫定2位の服部慎一郎三段(12勝4敗)の1敗が必要条件となる。最終節に昇段の可能性を残したのは6人だが、西山は前期成績による「順位」が21位と6人の中で最も低いため、14勝が必要になる。

 直前の取材での西山は「今、全ての雑念から離れられている気がしますし、一切の後悔がないように過ごせています。駄目だった場合の気持ちの整理は付いているので、いつも通り臨めると思います」と語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請