エンゼルス・大谷のオープン戦目標はあと3安打? 「1年目は4本打ったみたいなので…」…3戦無安打、打率8分3厘にも笑顔

試合前練習でスイングの構えをする大谷(カメラ・安藤 宏太)
試合前練習でスイングの構えをする大谷(カメラ・安藤 宏太)

◆オープン戦 エンゼルス4―4ロイヤルズ(6日、米アリゾナ州テンピ・ディアブロスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(25)が6日(日本時間7日)、本拠地で行われたオープン戦のロイヤルズ戦に「4番・指名打者」でスタメン出場。四球、見逃し三振、二ゴロの2打数無安打に終わり、オープン戦の打率は8分3厘(12打数1安打)になった。

 途中交代後に行われた囲み取材。大谷の表情は、結果とは関係なく柔らかかった。3試合無安打が続いているが「練習でやっていること、打席の中でどう見えるのかというところではすごくよかったと思います」と手応え。メジャー1年目の2018年のオープン戦は32打数4安打で打率1割2分5厘だったとあって「1年目は(ヒットを)4本打ったみたいなので、あと3本打てるように頑張りたいなと思います」と冗談交じりに笑顔を見せながら意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請