【巨人】菅野はまあまあいいコンディション…原監督に聞く

原辰徳監督
原辰徳監督

◆オープン戦 オリックス1―0巨人(6日・京セラドーム大阪)

 巨人は、開幕投手に内定している菅野が、オリックスに9安打を浴びながら6回1失点と粘りの投球を見せた。「7番・左翼」で出場したモタは、3試合にわたって8打席連続三振。0―1で敗れた巨人は1分けを挟んで5連敗でオープン戦最下位。オリックスはドラフト5位の勝俣が菅野から先制弾を放ちアピールした。

 ◆原監督に聞く

 ―菅野は6回1失点。

 「微調整は必要だけど、まあまあいいコンディションだと思うけどね」

 ―走者を背負ってからも、ストライクゾーンを攻めて要所をまとめた。

 「相手投手が今日はすごかったね。ビシビシ来てたね。なかなかやっぱり、いい投球されるとね。いいボール投げてたね」

 ―モタが8打席連続三振。

 「そうですね。厳しい競争の中で、石川が行ったということですよね」

 ―チーム全体の守備面ではいいプレーも多く出た。

 「そうだね。カットプレーも含めてね」

 ―ビエイラは前回より制球もまとまっていた。

 「やっぱり彼は若いし、登板回数を増やせば徐々に良くなっていくと思うけどね」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請