【清水】MF竹内涼がフルメニュー調整…2月ルヴァン杯で左太もも裏負傷も「怖さない」

スポーツ報知
7対7の実戦練習する清水MF竹内(左)

 J1清水エスパルスMF竹内涼(28)が6日、三保での練習でフルメニューをこなした。先月16日のルヴァン杯・川崎戦(1●5)で左太もも裏を痛め、離脱していた。公式戦再開となるリーグ5節・横浜M戦(18日・アイスタ)に向け、状態を上げていく。 

 7対7のゲーム形式の練習では、相手選手に激しくプレスをかけた。後方でボールを受けると、ロングパスを出すなど回復ぶりをアピールした。攻守の切り替えを学ぶ特訓で、後方から指示を出し、チームを先導した。川崎戦では痛みを感じ後半20分に交代したが、「思ったより軽傷だった。怖さもない」と胸をなでおろした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公式戦5試合が延期となった。18日の横浜M戦まであと12日と時間はある。「中断期間にコミュニケーションをとれることをプラスにとらえたい」と前を向いた。クラモフスキー監督(41)は7日の練習試合(対戦相手と場所非公表)では「まだプレーさせない」と慎重。MF金子翔太(24)、DF立田悠悟(21)との「3人主将」の最年長が状態を上げていく。(山田 豊)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請