【ヤクルト】ドラ1奥川が中学1年以来のボールボーイ 試合後は村上とキャッチボールも

スポーツ報知
村上とキャッチボールを終えて笑顔を見せるヤクルト・奥川

◆春季教育リーグ ヤクルト3―3楽天(6日・戸田球場)

 ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(18)が、プロ入り後初めてボールボーイを務めた。

 ボールボーイは中学1年以来。寺島に教わりながら、慣れない様子で球審にボールを手渡したり、打ち終えた打者のバットを下げ続け「大変でした」と笑顔。試合後は小野寺2軍投手コーチとキャッチボールしている最中に捕手役で村上が飛び入り。「軽く投げても、俺より球がきてる」と言わしめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×