TKO木下退所、所属事務所「後輩へのパワハラは事実」認める、退所理由は「これまでの行動を反省するため」

「TKO」の木下隆行
「TKO」の木下隆行

 松竹芸能は5日、「TKO」の木下隆行(48)が3月15日をもって事務所を退所すると発表した。木本武宏(48)とのコンビは継続し、今後はフリーとして活動するという。

 松竹芸能は公式サイトで「この度、弊社所属タレントのTKO 木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました」と事務所を退所すると報告。今後について「フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます」とし「TKOは解散せず、木本武宏は引き続き弊社所属で芸能活動を行います」とした。

 スポーツ報知の取材に対し、事務所関係者は「解雇ではありません。木下本人との話し合いで、『会社や芸人仲間に迷惑をかけたので、一度自分を見つめ直してリフレッシュしたい』ということだったので、退所することになりました」と説明。昨年、一部週刊誌で後輩芸人へのパワハラを報じられたことについても「事実の部分があり、本人は反省し、トラブルのあった芸人には個別に(謝罪など)対応しています」と明かした。

 今後について「TKOも解散せずにコンビとして活動します」とした。木下は現在、MBSラジオの「ゴチャ・まぜっ天国!」(木曜・後11時30分)にレギュラー出演するほか、個人でアパレル関連の事業も展開している。

 事務所のコメント全文は以下の通り。

 「いつも弊社タレントを応援頂きありがとうございます。今までご支援いただきましたファンの方々や、関係者各位の皆様には心より感謝申し上げます。今後は弊社を離れ、フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます。TKOは解散せず、木本武宏は引き続き弊社所属で芸能活動を行います。今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請