【巨人】田口、ど根性アピール開幕ローテ前進 初回打球直撃も5回2失点に宮本コーチ「当確?そうですね」

1回無死、西川の打球が右足に直撃した田口(カメラ・関口 俊明)
1回無死、西川の打球が右足に直撃した田口(カメラ・関口 俊明)
巨人の開幕ローテ争い
巨人の開幕ローテ争い

◆オープン戦 日本ハム7―7巨人(4日・札幌ドーム)

 いきなりのアクシデントも、田口は気合で乗り越えた。初回先頭・西川への初球。はじき返された打球が右ふくらはぎの付け根付近に直撃。治療のため一度ベンチに下がったが、走ってグラウンドに戻ってきた。「ここで下がって、これから先を失いたくないので」。魂を込めて予定の5イニングを投げ抜いた。

 「(左右)それぞれのインコースの真っすぐは投げきれたのかなと思います」と話すように、初回2死で近藤に対して直球を4球続けて空振り三振に打ち取るなどコースに投げ分けた。5回4安打2失点の粘投に「ビッグイニングをつくられないように、1失点で終われたところも一つ収穫」とうなずいた。

 昨年は中継ぎで55試合に登板するなど、起用法問わず力を発揮できる選手だが、原監督も「(初回の打球は)かなり痛かったんでしょうけど、今日の責任を果たしてくれた。スターターとして非常に高い位置にいてくれている」と高評価。宮本コーチは「体も気持ちも強い。ああいった投手が先発にいるのは心強い。開幕当確? そうですね」と明言した。

 それでも「まだまだの方が強い。フルカウントも結構あったので」と田口。開幕に照準を合わせ、状態を上げていく。

試合詳細
1回無死、西川の打球が右足に直撃した田口(カメラ・関口 俊明)
巨人の開幕ローテ争い
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請