【日本ハム】宇佐見、同期の桜井から2点適時三塁打 開幕マスクへ「負けないようにやる」

6回2死三塁、石井の中前適時打で三塁から生還した宇佐見真吾をハイタッチで迎える栗山英樹監督(中央)(カメラ・中島 傑)
6回2死三塁、石井の中前適時打で三塁から生還した宇佐見真吾をハイタッチで迎える栗山英樹監督(中央)(カメラ・中島 傑)

◆オープン戦 日本ハム7―7巨人(4日・札幌ドーム)

 日本ハム・宇佐見が豪快にバットを振り抜いた。6回2死一、二塁。高めの144キロ直球を捉えた打球は右翼フェンスを直撃した。跳ね返った打球が転々とする間に一気に三塁へ。1点差に迫る2点適時三塁打に「点数を取られてしまったので、打って取り返したいと思っていた」と振り返った。

 マウンドには15年ドラフトで巨人に同期入団した桜井がいた。右腕が1位、自身は4位でプロ生活がスタート。「食事にも行っていた」と多くの時間を過ごした仲間だ。宇佐見が19年6月に移籍した後も頻繁にやりとりし、この日の朝にも右腕から「全部内角のカットボールで行くわ」と連絡があり、「冗談交じりで『ホームラン打つわ』と言った」。宣言通りではなかったが、「チャンスで打てて良かった」とはにかんだ。

 自身初の開幕マスクが濃厚だが、「そこだけは負けないようにやっていきたい」と油断はない。開幕投手に決定している有原とは、昨季後半からバッテリーを組んで相性の良さを発揮している。古巣相手に存在感を示し、開幕まで一気に突っ走る。(小島 和之)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請