井上尚弥、早期渡米を検討…米国が日本を含む入国拒否対象国を示唆受け

井上尚弥
井上尚弥

 米ラスベガスで4月25日(日本時間26日)に3団体統一戦を控えるWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が4日、米国への早期渡航を検討せざるを得なくなった。

 米国が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として日本を含む入国拒否対象国を示唆したことを受け、所属ジムの大橋秀行会長(54)は「状況次第ではあるかもしれない」と早期渡航を検討する考えを示した。米国への渡航ビザは申請済みで、渡航時期は政府が要請した活動自粛後の3月14日以降を目安に考えるという。大橋会長は「ビザもまだ発給されていないし、正直、ちょっと分からない。そもそも試合自体が米国でできるのかどうか。状況を見ながら考えていきたい」と話した。

 WBO王者ジョンリール・カシメロ(31)=フィリピン=との統一戦に向け、井上は2月下旬から報道陣向けの公開練習を取りやめるなど徹底。練習は通常通りに行っており、この日も夕方からの練習前にはジムの全館消毒も行った。(小河原 俊哉)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請