【楽天】内田、浅村塾の成果見せた!右方向へオープン戦初初打点

8回1死二、三塁、黒川の犠飛で生還した内田(右)(カメラ・佐々木 清勝)
8回1死二、三塁、黒川の犠飛で生還した内田(右)(カメラ・佐々木 清勝)

◆オープン戦 楽天9-2DeNA(4日・静岡)

 福島・いわき市出身の楽天・内田靖人内野手(24)がDeNAとのオープン戦に「8番・一塁」で先発出場。4回に右翼線へ適時二塁打を放ち、オープン戦7試合目で初打点をマーク。4打数2安打の活躍で、開幕1軍生き残りへアピールした。

 右翼線へ痛烈な打球をはじき返した。1点リードで迎えた4回無死二塁のチャンス。内田が、先発・浜口の変化球をシャープに振り抜いた。「なんとか、最低でもランナーを進めようと思って。追い込まれていなかったので、右方向への強い打球を意識して打席に入りました」。狙い通りの結果にうなずいた。

 昨年、1軍ではわずか2試合の出場に終わった。巻き返しに向け、オフは浅村の合同自主トレに参加。和製大砲の丁寧な指導に感謝しながら、打撃フォームの改造に取り組んできた。右方向への強い打球は“浅村塾”で学んだことの一つ。「自主トレでやってきたことが、少しは成果が出たのかなと思います」と充実感をにじませた。

 変えたのはフォームだけではない。「今までは『自分が打ちたい』というのがあった。結果は欲しいですけど、結果を気にしすぎたら結果は出ない。迷いをなくして、どうしたらチームの役に立てるのかを考えてやっています」。今季、真っ先に意識するのはチーム打撃。自己犠牲の精神が、好結果につながった。

 初打点もマークし、4打数2安打の活躍。しかし三木肇監督(42)は「こんなことで満足せずに、もっとガンガン来て欲しい。内田はすごく優しくて、人間的には大好き。だけど、いざとなったらもっと闘志を燃やして、相手に負けないようなメラメラした感じも欲しい」とハッパをかけた。指揮官が満点の評価を与えなかったのも、186センチの大型内野手に期待しているからこそ。プロ7年目の今年こそ“未完の大器”が大暴れする。(高橋 宏磁)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請