馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

【報知杯弥生賞ディープインパクト記念 春木記者が「見た」】サトノフラッグ、余裕たっぷりラスト12秒2!国枝調教師も破格評価「ディープ産駒の中でもトップクラス」

心身ともに成長が見込めるサトノフラッグ(右)は坂路で好時計
心身ともに成長が見込めるサトノフラッグ(右)は坂路で好時計

◆報知杯弥生賞ディープインパクト記念追い切り(4日・美浦トレセン)

 皐月賞トライアル(3着まで優先出走権)、報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(8日、中山)の最終追い切りが4日、東西トレセンで行われた。レース名に付された産駒から唯一出走するサトノフラッグは、美浦・坂路で余裕たっぷりの51秒3をマーク。心身ともに成長した姿を春木宏夫記者が「見た」。

 クラシック戦線を目前にして、サトノフラッグは心身両面で右肩上がりの成長曲線を描いている。500キロ近くのたくましい馬体はシャープさが出てきた。精神面でも状況が把握できるようになってきた。成長した姿が動きにもつながってきた。

 坂路での併せ馬。ドリームインパクト(4歳1勝クラス)を2馬身ほど追走して、半ば過ぎでは一度前に出た。最後まで十分な手応え。馬なりのままだったが、余裕たっぷりに併入。全体は51秒3。ラスト1ハロンも12秒2でまとめた脚力には目を見張った。

 国枝調教師も満足した表情で振り返った。「先週でだいぶできている感じだったので、しまい重点の併せ馬。現状では十分の調教だね。体の張りもいいし、気持ちも入ってきた。いいんじゃないかな」と及第点を与えた。

 デビュー戦こそ6着に終わったが、その後は上がり最速をマークして2連勝。着実にステップアップした。「初戦は何をしていいのか分からない感じだったけど、2戦目、3戦目はやる気になって、いい競馬だった。走ることが分かってきた」と指揮官は2連勝の理由を解説した。

 秘めたポテンシャルはかなり高い。「筋肉質でボリュームがある。ディープインパクト(産駒)の中でもトップクラスだと思う。力強さが違う」とアーモンドアイなど名馬を手掛ける国枝師は破格の評価を与える。「乗りやすい馬で中山の2000メートルも心配していない。弾みをつけてクラシックに向かいたいね」。父と同じステップを踏んで、第1関門に向かうはずだ。(春木 宏夫)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請