東都大学野球連盟が今春リーグ戦の日程発表 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては無観客試合の開催などあらゆる変更の可能性も

 東都大学野球連盟は4日、春季リーグ戦の日程を発表した。昨秋のリーグ戦で04年秋以来、30季ぶりの優勝を果たした中大は、48年春秋以来、実に143季ぶりとなる連覇を目指し、4月6日からの開幕カードでプロ注目右腕・村上頌樹(新4年)を擁する東洋大と激突する。

 昨春から始まった1日3試合制は継続するが、第3試合の終了が遅くなるケースが多かったため、今春から第1試合の開始時間を2時間早めて午前9時から行う。4月14~17日と5月12~15日(プロ併用日)は予備週とし、未消化試合が発生した場合は試合を行う。

 また、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状を踏まえ、同連盟の福原紀彦理事長は「今後の推移によっては、日程変更、無観客試合の開催、リーグ戦方式の変更、試合観戦方法の変更など、あらゆる可能性を検討しております。学生たちから大学野球の機会を奪わないためにも尽力して参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

 日程は以下の通り。

 ▽4月6日(月) 中大―東洋大、亜大―立正大、国学院大―駒大

 ▽同9日(木) 立正大―亜大、駒大―国学院大、東洋大―中大

 ▽同21日(火) 亜大―駒大、中大―立正大、国学院大―東洋大

 ▽同22日(水) 立正大―中大、東洋大―国学院大、駒大―亜大

 ▽28日(火) 立正大―東洋大、亜大―国学院大、中大―駒大

 ▽29日(水) 国学院大―亜大、駒大―中大、東洋大―立正大

 ▽5月7日(木) 立正大―駒大、中大―国学院大、亜大―東洋大

 ▽8日(金) 国学院大―中大、東洋大―亜大、駒大―立正大

 ▽19日(火) 中大―亜大、東洋大―駒大、国学院大―立正大

 ▽20日(水) 駒大―東洋大、立正大―国学院大、亜大-中大

【注】球場は神宮。校名左が三塁側先攻。開始時間は9時。1試合の時は12時(プロ併用日は9時)。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請