舛添要一氏、橋本聖子五輪相の東京五輪が「延期できると取れる」発言に「言っちゃいけないことを言った。絶対ダメ」

舛添要一氏
舛添要一氏

 元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏が4日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)に生出演した。

 番組では、拡大する新型コロナウイルスの影響を受けて開催が懸念されている東京五輪について橋本聖子五輪担当相が3日の参院予算委員会で、IOC(国際オリンピック委員会)の開催都市契約に関して、2020年中に開催されない場合、IOCが大会を中止できると明記されていることから「20年中であれば延期できると取れる」と発言したことを報じた。

 この発言を舛添氏は「こういう発言しちゃ絶対ダメなんです。言っちゃいけないことを言った、というか間違っていることを言っちゃダメです」と指摘した。さらに「それを発言するならばIOCと事前にこういうことを国会で答弁したいんですが、どうですか?とその調整をしておかないといけない」とコメントした。

 その上で橋本氏を「五輪選手なんですけど、そういう政治レベルの付き合いをやってないんだと思います」と指摘した。さらに自身の都知事時代にIOCとの交渉を振り返り「実際、都知事でやってこんな厄介な組織ないです。この方々と付き合うのは本当神経すり減る」と明かしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請