侍ジャパン大学代表の選考合宿も新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に

スポーツ報知

 全日本大学野球連盟は2日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、16日から神奈川・平塚で行う予定だった侍ジャパン大学代表の選考合宿を中止すると発表した。

 合宿には、昨年の日米大学野球にも出場し、ともに今秋ドラフトの上位候補に挙がっている早大の151キロ左腕・早川隆久、苫小牧駒大の154キロ右腕・伊藤大海(ともに新4年)ら35人が招集され、6月26日に開幕する第30回ハーレム国際大会(オランダ)に出場する代表メンバーを選考する予定だった。

 同連盟によると、大会の選手登録期日は確認中だが、各連盟のリーグ戦の日程を考えると、選考合宿を改めて行うことは不可能。昨年12月に愛媛・松山で行った第1次選考合宿をもとに、大久保哲也監督(57)ら代表スタッフと全日本大学野球連盟監督会の幹部により、選考会議を後日行う予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×