NPB斉藤コミッショナー、Jリーグとの連係「異例の協力態勢を取ることを決断しました」

斉藤コミッショナー
斉藤コミッショナー

 日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、都内で緊急会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、合同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置すると発表した。感染症の専門家を交えて対策を協議し、プロ野球とJリーグで公式戦実施について適切なタイミングを探っていくことになりそうだ。

 連絡会議には専門家3名で構成する専門家チームを置き、スタジアムにおける観客対策、選手スタッフの感染防止、公式戦開催についての助言などをしていくという。これらについて3月中旬までに意見書のとりまとめをするとしている。

 3月20日の公式戦開幕を目指すNPBは2月26日の12球団代表者会議で3月15日までのオープン戦72試合を無観客試合とすることを決定。3月18日の公式戦再開を目指すJリーグは、2月25日の理事会で3月15日までの公式戦94試合の開催延期を発表した。政府の基本方針などを受け、感染拡大防止に向けて手を打ったが、公式戦実施時期は不透明な状況が続いている。

 NPBの斉藤コミッショナーは「新型コロナウイルス対策のための連絡会議の設置という、ある意味では異例の協力態勢を取ることを決断いたしました。多くのファンやスポンサーの皆さまにご来場いただく公式戦の実施、これに向けて準備するためには、感染症対策の専門家の方々の分析やご見解が欠かせません。時々の状況に応じた冷静で的確な対応や対策を打ち出していく必要がある」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請