大迫傑「とりあえずホッとしている」 東京マラソンでの日本新から一夜明け心境明かす

報道陣からの難しい質問に苦笑いで応える大迫傑
報道陣からの難しい質問に苦笑いで応える大迫傑

 残り1枠となった東京五輪代表をかけて行われた1日のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンで2時間5分29秒の日本新記録をマークして日本人トップの4位に入った大迫傑(28)=ナイキ=が2日、都内で取材に応じた。

 2度目の日本新をマークしたレースから一夜明け、少し疲労も残る表情の大迫。「まだ一夜しか明けていないので、まだ何とも言えないが、とりあえずホッとしている」と落ち着いて話した。東京マラソンに挑むにあたって、約2か月半もの間ケニアで合宿。五輪に向けては「コーチと話していないので、まだ何とも言えない」と詳細は決まっていないが、今回は十分手応えをつかんだ様子。「米国にも拠点がある。ケニアがいいということは分かったので、2つのおいしいとこどりというか、メインは米国に置きながら、うまく使い分けていきたい」と話した。

 東京五輪代表を大きく引き寄せた。8日にはMGCファイナルチャレンジ最終戦となるびわ湖毎日マラソンが大津市皇子山陸上競技場発着で行われる。ここで2時間5分29秒を破る選手が現れない限り、大迫が代表3枠目に内定する。高低差は約10メートルとほとんどないが、特有の向かい風がランナーを悩ませることが多く、大会記録は2011年のウィルソン・キプサング(ケニア)の2時間6分13秒。日本勢でも01年・油谷繁の2時間7分52秒が最高で2時間8分を切った日本人は2人しかいない。今年の大会に登録している日本人の持ちタイムでは一般参加の松村康平(MHPS)が2時間8分9秒と最速で、国内招待の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が2時間8分14秒で続く。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請