【ヤクルト】つないで連日の逆転G倒 高津監督「点の取り方はすごく良かった」

スポーツ報知
ハイタッチするヤクルトナイン

◆オープン戦 巨人2―3ヤクルト(1日・東京ドーム)

 ヤクルトは巨人に連日の逆転勝ち。1点差試合を制した。

 開幕投手候補の小川が初回に吉川尚に先頭打者アーチを浴びたが、粘りの投球で5回を1失点。打線は6回に2番手のデラロサから坂口の同点打、青木の勝ち越し打で逆転。7回にも無安打で1点を追加した。その裏に無安打で1点差に追い上げられたが、3イニングを投げたスアレスが何とか逃げ切った。

 高津監督は「打つ方、点を取る方はすごくいい形、点の取り方はすごく良かったのかなと思います。(7回の)失点がフォアボール、エラー…。ちょっと残念な失点の仕方だったかな。小川は1点を取られたけど、その後は全部シングルヒットだし、彼らしいしっかり粘れたピッチングができた。今日は先発の仕事、役割を果たせたと思います」と評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×