【DeNA】ラミレス監督 西武打線に直球主体で3失点のドラ2坂本に苦言「1軍で開幕を迎えたいならば・・・」

3回3失点のDeNA・坂本
3回3失点のDeNA・坂本

◆オープン戦 西武3―1DeNA(1日・長崎)

 DeNAのラミレス監督が1日、西武戦に先発して3回3失点だったドラフト2位・坂本裕哉投手(22)に奮起を促した。

 即戦力左腕は森、山川、外崎と並ぶ強力西武打線に初回は直球主体の臨んだ。しかし、3安打で2失点。2回以降は変化球を増やし、3回は森を見逃し三振に斬るなど3者凡退に抑えた。

 ラミレス監督は「もうちょっとできたのかな。直球は走っていたけど、球種の使い方をもっと色々工夫できた。パリーグは全般的にどれだけ直球が速くても関係なく打てるので、考えながら投球しないといけない」と指摘した。

 坂本は直球がどれだけ通用するかをテーマのひとつとしていたが、指揮官は「彼はルーキー。1軍に残って開幕を迎えたいならば試すというより、結果が重要になる。結果が悪かったら1軍切符は勝ち取れない。今日の試合は初回で勝負が決まってしまった」と厳しかった。

 指揮官は坂本を基本的には次回も1軍で先発起用する方針としながらも、再考する可能性も示唆していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請