馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 阪神 函館

もどかしい(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は仕事が大変忙しく、前振りゾーンは省略のパッチパチ。来週からはいつも通り、ワイワイと前振りも書いていきますので、楽しみにしてくださいませ。では、明日の競馬、いやいや、もう今日の競馬を中心に見ていきましょう。

 まずは阪神5R。今年の関西圏、最後の芝の新馬が行われます。こちらで注目は角居厩舎の【サンジョアン(牡、父ルーラーシップ、母サンビスタ)】。お母さんは牡馬相手のG1、チャンピオンズC勝ちなどダート戦戦を中心に活躍した女傑。今回はこの条件からの始動戦になりますが、岩田康Jによると「とてもいい瞬発力があります。この条件でも問題ないと思います」とのこと。かなり、手応えを感じているようでした。この条件で結果を出すとなると、今後の楽しみが膨らみます。

 さて、牝馬といえば、来週はチューリップ賞が行われます。中内田厩舎の【リアアメリア(牝、父ディープインパクト)】、藤原英厩舎の【ミヤマザクラ(牝、父ディープインパクト)】、藤沢和調教師の【サンクテュエール(牝、父ディープインパクト)】が本番への直行を決めていますが、それでも豪華なメンバーがそろいそうです。ただ、主役は2歳女王の【レシステンシア(牝、父ダイワメジャー)】でしょう。

 この中間、放牧先でソエの症状が出てようなんですが、入厩してからの状態は全く問題なさそうです。「先週もしまいはしっかり伸ばしましたし、今週も十分に負荷をかけましたが、全く問題ありません」と松下調教師。当然、賞金面で全く不安はない中での、本番へ向けての前哨戦。「100%というワケではないですよね」と切り出しつつも、「中途半端な状態でも出せませんから」と無敗の2歳女王という面も大きく意識している様子。無傷での桜冠戴冠へ突き進んで欲しいところです。

 さて、阪神10RはすみれS。昨年まではキタノコマンドール、サトノルークスと2年連続で池江厩舎が勝ってきたレースですが、今年はいませんでしたね。角居厩舎からは【ブルーミングスカイ(牡、父ディープインパクト)】が参戦。今まで勝ち切れないイメージが強かったけど、前走の梅花賞が本当に強かった。今回は浜中Jが手綱を執ります。「これから良くなってきそうな馬ですけどね、長い距離というのは合っているかもしれませんね」とのこと。この距離への適性を生かして、ここで賞金を加算すれば非常に大きいですからね。

 音無厩舎からは【アリストテレス(牡、父エピファネイア)】。この馬も現状、なかなか勝ち切れない。「難しい面はありますね。うまく流れに乗せたい」と松山Jは分析します。今週の追い切りはラストの時計がかあkりましたが、「問題ないと思いますよ。状態は変わらずにきていると思います」と生野助手。こちらも距離延長を味方に、詰めの甘さを払拭できるか、ですね。

 あとは友道厩舎の【エカテリンブルク(牡、父ブラックタイド)】。こちらもデビューVの後、もどかしいレースが続きます。「能力は高いのに、まだ体を使い切れていない、ついていっていない感じがしますね」と友道調教師。ただ、前走に関しては力のいる馬場状態が響いたという見立てでして、「今回は開幕週の馬場で、その点はいいと思う」と話しており、ここから馬場の回復が一つのカギになってくるんじゃないでしょうか。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山6R・2ハーモニーマゼラン(今までの戦ってきた相手、実績を考えれば負けられない一戦)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神4R・1スーザフォン(前走は不利応えた。上積み加えた2戦目で)

中京11R・10スターリーステージ(現状ではベストの舞台。仕上がりもいい)

中京12R・11キクノフェリックス(ここ2走はスムーズさ欠く。ポン駆けは利くタイプ)

中山10R・6アスタースウィング(ハイペース必至。器用にさばいて、得意な中山で突っ込んでくる)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請