【ヤクルト】巨人に逆転勝ち 高津監督「こういう試合をシーズンに入ってもできたら」

8回2死二塁、青木宣親が同点2ランを放ち、笑顔で迎える高津臣吾監督(右から2人目)
8回2死二塁、青木宣親が同点2ランを放ち、笑顔で迎える高津臣吾監督(右から2人目)

◆オープン戦 巨人3―5ヤクルト(29日・東京D)

 ヤクルトは終盤に巨人の助っ人投手を打ち込み、逆転勝ちした。

 開幕投手を石川、小川と争う先発の高橋は制球に苦しみながらも粘りの投球で4回2失点。打線は5回に相手先発の菅野から1点差に迫ったが、6回に石山が岡本にソロを浴びた。再び2点を追う8回、青木がサンチェスから同点2ランを放つと、9回に広岡の決勝二塁打と藤井の適時内野安打でビエイラから2点をもぎ取った。2回を無安打に封じた5番手のイノーアが勝利投手となった。

 高津監督「(高橋は)ちょっと何て言うのかな、カウントの作り方、バッターの抑え方、ゲームの追い方は勉強するところはあるかな。球の力は出ていたし、カウントを変化球でとれるところもあった。もっともっと上を目指してほしいし、いってもらわないと困るなという感じ。(開幕投手は)まだノーコメントで。(青木について)バッティングはよくわからないけど、お手本になるスイング、打席が多いね。意図が見える。こうしたい、ああしたいが見える。 (菅野は)いい投手に間違いない。今日みたいな競った試合は次の1点をどう防いでいくか。こういう試合をシーズンに入ってもできたら」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請