【ヤクルト】開幕候補の高橋が4回2失点 モタに先制2ラン浴び「工夫すればよかった」

◆オープン戦 巨人―ヤクルト(29日・東京D)

 ヤクルト・高橋奎二投手(22)が巨人打線を相手に4回を4安打2失点。ボールが先行する場面もあったが、力強い投球で5三振を奪い、無観客の中で初の開幕投手へ精いっぱいアピールした。

 「今日は全体的に丁寧にいきすぎて、カウントを悪くしてしまいました。もう少し大胆に攻めてもよかったと思います」と反省。粘りの投球を続けていたが、4回にモタを追い込みながら先制2ランを献上。「もう少し工夫すればよかったと思います」と悔やんだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請