【広島】大瀬良、上々の開幕デモ4回1安打1失点 無観客も「違和感なく」

スポーツ報知
広島先発投手の大瀬良大地

◆オープン戦 中日3―1広島(29日・ナゴヤドーム)

 広島の大瀬良大地投手(28)が先発し、4回をビシエドのソロのみの1安打1失点と好投。内定している中日相手の開幕投手に向け上々の“デモ投球”となった。

 初回、2回とカットボールがさえて3者凡退。3回は先頭・平田をピレラの悪送球(記録は三ゴロ失)で出塁させて無死二塁のピンチを背負ったが、後続を打ち取って無失点で切り抜けた。「昨年までの僕はああいうところで失点してしまうのが課題でした。(4回先頭打者の)JP(ピレラ)にもいい形で打席に立ってもらいたかったので、ゼロでいけてよかった」と三塁守備に慣れない新助っ人を思いやる“聖人ぶり”を発揮した。

 4回2死、ボールで入ろうと試みた初球フォークをビシエドに左翼席上段まで運ばれた以外は満点に近い出来。無観客試合についても「鳴り物がなく、違和感がありましたけど、プレーボールがかかった後はしっかり試合に入っていくことができました。違和感を感じずに投げられました」とさすがの集中力を発揮。鯉のエースに死角はなさそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請