【ソフトバンク】開幕投手候補の東浜が4被弾「まだまだ修正しないといけない」

2回無死、左中間へ先制ソロ本塁打を放ち、三塁に向かうジェリー・サンズ(投手・東浜巨)
2回無死、左中間へ先制ソロ本塁打を放ち、三塁に向かうジェリー・サンズ(投手・東浜巨)

 ◆オープン戦 ソフトバンク―阪神(29日・ペイペイD)

 ソフトバンク・東浜巨投手(29)が、自身初の開幕投手へ課題を残した。昨年、2ケタ勝利をマークした千賀が右前腕部の張り、高橋礼が左太もも裏肉離れでリハビリ組で調整中。17年最多勝右腕が開幕投手の最有力候補に挙がっているが、4回4失点とピリッとしなかった。

 2回先頭のサンズに左中間スタンドへ運ばれると、3回に高山、4回にサンズ、大山と計4本のソロを浴びた。打たれたのはすべて変化球だった。「ストレートの感覚は良かったと思います。ただ、変化球に関しては、まだまだ修正しないといけない。課題を少しずつクリアして、レベルを上げていきたい」。開幕まで登板は多くても2試合。その中で状態を上げていく。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請