【G大阪】昌子、右足首順調回復で練習に部分合流「日本の医療は素晴らしい」

近日中の全体練習合流を目指すG大阪DF昌子
近日中の全体練習合流を目指すG大阪DF昌子

 右足首痛でリハビリ中のG大阪DF昌子源(27)が、チーム練習へ部分合流したことを29日、明かした。コロナウイルスの影響でリーグ中断により、チームは3日間のオフを経て、この日大阪府吹田市内で練習を再開。部分的にチームメートと同じメニューをこなした昌子は「チームとしては開幕戦で王者(横浜M)を叩いた後の中断は痛い。でも他の人もそうだと思うけど、けが人のJリーガーにとってはありがたい」と中断期間を前向きにとらえた。

 右足首の状態は順調に回復しているといい、近日中には対人などより強度の高い練習への合流も予定。フランスで負った右足首痛は、順調に回復しているといい「日本の医療は素晴らしいな、と改めて感じてます。足首の腫れが、(フランスでは)3か月ずっとあった。人間、(足首の上に)筋があるじゃないですか。それが(腫れで)出ていなかった。でも今はくっきり。3か月引かなかった腫れが1か月でよくなって、フォルム的によくなった」と明るい表情をみせていた。回復の経過をみて、中断期間中に組まれる予定の練習試合への出場などを検討していく。

 

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請