馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

無観客開催の阪神競馬 1Rで勝利の岩田康「寂しいです。ファンのありがたみがよく分かります」

新型コロナウイルス対策としてこの日から開催の阪神競馬は無観客で行われることとなり、最寄り駅の阪急仁川駅では阪神競馬場へ向かうゲートが閉じられた(カメラ・渡辺 了文)
新型コロナウイルス対策としてこの日から開催の阪神競馬は無観客で行われることとなり、最寄り駅の阪急仁川駅では阪神競馬場へ向かうゲートが閉じられた(カメラ・渡辺 了文)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中央競馬は2月29日から当面の間、無観客での開催となった。

 無観客での初日となった29日、阪神競馬1R(3歳未勝利、ダート1800メートル、牝馬限定・8頭立て)では2番人気のキャッツアイ(牝3歳、栗東・小崎憲厩舎)が逃げ切りで初勝利を挙げた。

 スタンドに観客の姿はなく、静まりかえった場内。勝ったキャッツアイに騎乗した岩田康誠騎手は「レース中は全然気にならないけど、終わったら寂しいですね。パッとスタンドを見たら、(お客さんが)おらんな…と思いました。ファンのありがたみが、よく分かりました」と、早期の収束を願っていた。

 4着に入ったタマモパッションに騎乗していた幸英明騎手は「すごく静かです。騎手としてやることは一緒なんですが、盛り上がりに欠けますね」と振り返った。

 なお、阪神競馬場の最寄り駅の阪急電鉄の仁川駅をはじめ西宮北口駅、宝塚駅の構内には看板が立てられ、JRA職員が無観客での開催を告知していた。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請