井上大仁、日本新で大迫&設楽に勝つ!…東京マラソン3・1号砲

記者会見で目標タイムをボードに書き込み披露する(左から)大迫、設楽悠、井上(カメラ・清水 武)
記者会見で目標タイムをボードに書き込み披露する(左から)大迫、設楽悠、井上(カメラ・清水 武)
男子マラソン3強比較表
男子マラソン3強比較表
東京五輪男子マラソン代表選考方法
東京五輪男子マラソン代表選考方法

 残り1枠の東京五輪代表切符を争うMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソン(3月1日)の招待選手会見が28日、都内で行われた。日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は昨年大会に続き目標記録を明言せず。勝負に徹しながら、2度目の日本新を見据えた。前記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=と日本歴代5位の井上大仁(27)=MHPS=を加えた「3強」による高速レースになりそうだ。

 井上の目は、世界での戦いを見据えている。目標タイムを記すボードに「2時間4分30秒」と書いた。「海外の招待選手のタイムからは劣っているが、一つの目安として頭に入れておくべきタイムだと思う」。出るだけでなく、五輪で戦うためには足を踏み入れなければならない領域。代表切符へ最低限求められる2時間5分49秒の関門については「今の力を発揮すれば超えられる」と言い切った。

 17年大会で2時間8分22秒の8位に食い込み、同年ロンドン世陸初出場(26位)。18年大会は2時間6分54秒の好記録で5位に入り、2時間6分11秒の日本新(当時)を出した設楽悠とともに脚光を浴びた。好相性の大会だが、井上は「過去にはすがりたくない」と、約3週間のニュージーランド合宿で油断なく走り込みを重ねた。設楽悠も「2年前もゴールした後、井上選手が(日本新を出されて)悔しがっている姿は今でも覚えている。勝ち負け関係なくマラソンを盛り上げられたらいい」と呼びかけた。

 井上は日本新を出しても、大迫や設楽悠に先着されれば代表にはなれない。「高校時代から雑誌などで見て、追いかける存在だった2人と争えるのは光栄なこと」。国内最強の2人を直接対決で下した先に、ラスト1枠は見えてくる。(細野 友司)

記者会見で目標タイムをボードに書き込み披露する(左から)大迫、設楽悠、井上(カメラ・清水 武)
男子マラソン3強比較表
東京五輪男子マラソン代表選考方法
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請