大阪八尾、4回コールド勝ちで代表決定戦に進出!…第50回記念春季全国大会大阪中央・大阪阪南支部予選

4回無安打無得点と好投した大阪八尾・久保
4回無安打無得点と好投した大阪八尾・久保

◆大阪中央・大阪阪南支部予選 ◇小学生の部▽2回戦 大阪八尾ボーイズ7―0中百舌鳥ボーイズ=4回コールド=(24日・久宝寺緑地野球場)

 「第50回記念 春季全国大会」(3月26~30日、東京・大田スタジアムほか)の大阪中央・大阪阪南支部予選(小学生の部)が24日行われ、大阪八尾ボーイズが4回コールド勝ちで代表決定戦へ進んだ。

 大阪八尾の背番号1が躍動した。久保は自慢の直球で押しまくり、4回まで6奪三振。参考ながら無安打無失点投球でチームを代表決定戦へ導き「今日は調子が良かったので、打たれる気がしなかった」とはにかんだ。

 1番打者としても、初回にいきなり右中間へ三塁打。続く岩本の二ゴロの間に先制のホームを踏んだ。勢いに乗った打線は、2死二塁から永山主将が左越えへ適時三塁打。さらに2死一、三塁から播口が「走者がいたのでなんとしてもかえしたかった」と左中間へ2点三塁打すると、沖野も中前適時打を放った。

 2回にも4番・谷浦が適時二塁打を放つなど2点を追加。一気に試合を決めた。投打ががっちりかみ合っての4回コールド勝ち。完勝に見えたが、永山は「しっかり勝てたのはうれしいが、エラーや無駄な四球があった。それを次はゼロにする」と気合。この日のヒーロー・久保も「打撃では2安打し、投げるなら四球を出さないようにしたい」と大一番を見据えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請