井上「2時間4分30秒」設定「せっかくの場なのでしっかりチャレンジしていって攻めていきたい」

井上大仁
井上大仁

 東京五輪代表選考MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンは3月1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42・195キロで行われる。28日は都内で招待選手会見が行われ、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や同歴代2位の設楽悠太(28)=ホンダ=、同歴代5位の井上大仁(27)=MHPS=の「3強」をはじめ有力選手が出席した。

 井上は「せっかくの場なのでしっかりチャレンジしていって攻めていきたい」と気合十分。タイム設定は東京五輪出場争いの条件になる2時間5分49秒を上回る「2時間4分30秒」を掲げた。「世界と戦う上で入れておくべきタイム。ガチガチに狙っているわけではないけれど、今の力を出せば狙える」とした。

 東京五輪代表には昨年9月のMGC本戦を制した中村匠吾(27)=富士通=と同2位の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が既に内定している。残る1枠はファイナルチャレンジ全3戦(福岡国際、東京、びわ湖)で2時間5分49秒以内をマークした日本人最速選手が選出される。突破者がいない場合はMGC3位の大迫が内定する。

 今回の東京マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一般ランナー3万8000人の出場を見送った。車いすを含めた各部門のエリートランナー約200人によって行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請