設楽「自然に走ればタイムもついてくる」東京マラソンで3強激突 

設楽悠太
設楽悠太

 東京五輪代表選考MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンは3月1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42・195キロで行われる。28日は都内で招待選手会見が行われ、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や同歴代2位の設楽悠太(28)=ホンダ=、同歴代5位の井上大仁(27)=MHPS=の「3強」をはじめ有力選手が出席した。

 海外の招待選手が大会記録2時間3分58秒を上回る目標を掲げる中、設楽は「2時間6分10秒」を設定。目標通りに終われば東京五輪出場権利はつかめない。「あんまりプラン、タイムを決めて走るタイプじゃない」ため、答えが難しい質問だった。「今回はこう書いたけど、最低でも超えられるようにしたい。自然に走ればタイムもついてくる。まずは自分のレースができればいい。海外選手にくらいつけるようにしたい」と淡々と話した。

 東京五輪代表には昨年9月のMGC本戦を制した中村匠吾(27)=富士通=と同2位の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が既に内定している。残る1枠はファイナルチャレンジ全3戦(福岡国際、東京、びわ湖)で2時間5分49秒以内をマークした日本人最速選手が選出される。突破者がいない場合はMGC3位の大迫が内定する。

 今回の東京マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一般ランナー3万8000人の出場を見送った。車いすを含めた各部門のエリートランナー約200人によって行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請