大迫傑、日本記録更新は「不可能ではない」 東京マラソンでの“五輪当確”へ自信

会見で質問に答える(左から)大迫傑、設楽悠太、井上大仁(カメラ・清水 武)
会見で質問に答える(左から)大迫傑、設楽悠太、井上大仁(カメラ・清水 武)

 東京五輪代表選考MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンは3月1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42・195キロで行われる。28日は都内で招待選手会見が行われ、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や同歴代2位の設楽悠太(28)=ホンダ=、同歴代5位の井上大仁(27)=MHPS=の「3強」をはじめ有力選手が出席した。

 日本最速の大迫は、今大会へケニアで約2か月半の調整。「パートナーがいたり、標高が高い中、今まで通りいい練習が積めた。自信を持ってスタートラインに立てると思う」と穏やかな表情で言葉を並べた。

 東京五輪代表争いのMGC(昨年9月)では3位。「正直に、2番(以内)で決まっていれば内定。ただ、悔しさがあって次に進めるということもある。いい経験というか、今のエネルギーになっている。悔しさをプラスにとらえたい」。今大会と来月のびわ湖毎日で日本新が出なければ代表3枠目を手にする立場だが、今回日本記録を更新すればさらに代表切符が近づく。「僕自身の記録。練習の感じからみても、不可能ではない記録」と見据えた。

 東京五輪代表には昨年9月のMGC本戦を制した中村匠吾(27)=富士通=と同2位の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が既に内定している。残る1枠はファイナルチャレンジ全3戦(福岡国際、東京、びわ湖)で2時間5分49秒以内をマークした日本人最速選手が選出される。突破者がいない場合はMGC3位の大迫が内定する。

 今回の東京マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一般ランナー3万8000人の出場を見送った。車いすを含めた各部門のエリートランナー約200人によって行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請