横澤夏子の第1子出産に「ノンストップ」が密着「同じ顔の子、生まれました~!」

横澤夏子
横澤夏子

 28日のフジテレビ系「ノンストップ」(月~金曜・前9時50分)に、26日に第1子を出産したタレントの横澤夏子(29)がVTR出演。出産までの4か月に密着した様子が放送された。

 一時は逆子になったが、1月上旬の検診で無事に頭位に戻りほっとした表情の横澤。しかし、今度は予定日を過ぎても陣痛が来ず、入院して陣痛促進剤を点滴することに。「(赤ちゃんの体重が)3900グラムくらいあるかも…。(大きいから産むのが)怖いよ~」と不安そうに話した。

 入院した1日目は点滴しても陣痛が起こらず、翌日朝から再び促進剤の点滴。その様子を夫の「ダイキ君」がリポートするほほえましい場面もあった。

 その後、陣痛が始まると「痛~い」と叫ぶ横澤。痛みに耐えられず、無痛分娩に切り替えられた。夫が背中をさするなどサポートする中、26日午後7時51分、無事に3486グラムの女の子を出産。カメラは横澤が初めて赤ちゃんと対面し、胸に抱く様子もとらえた。横澤は思わず「かわいい~」「ありがとうね」と涙を流して話しかけていた。

 出産を終えた横澤は「めちゃくちゃ痛かった。叫びたくない、静かなお産をしたいと思っていたけど、廊下まで声が聞こえたよって言われて恥ずかしかった」と9時間に及んだ出産の苦労を語ったが、「赤ちゃんの泣き声ってイライラするのかなって思ってたけど、産声ってこんなに心地いいものなんだって」と喜びを表現した。

 最後は番組MCの「バナナマン」設楽統(46)に向かって「設楽さーん!(自分と)同じ顔の子、生まれました~!」と呼びかけていた。

 コメンテーターで出演していたタレントの千秋(48)は「お疲れ様でした。旦那さんが親身になってくれて、力になったくれたのかな」。モデルでタレントの西山茉希(34)も「第1子の出産って、100人いたら100通りだと思うんで、無事に生まれて本当によかった。これからまた奮闘期が始まるんで頑張ってほしいです」と“先輩ママ”としてエールを送っていた。

 横澤は2017年7月に1歳上の会社員「ダイキ君」と結婚し、昨年9月に妊娠5か月であることを公表していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請