馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【阪急杯】森裕太朗騎手、デビュー前から調教のクリノガウディーで金星だ フェブラリーS最低人気のケイティブレイブ2着導いた長岡騎手の再現狙う

調教からつきっきりのクリノガウディーで重賞Vを狙う森裕
調教からつきっきりのクリノガウディーで重賞Vを狙う森裕

◆第64回阪急杯・G3(3月1日・芝1400メートル、阪神競馬場)

 5年目の森裕太朗(22)=栗東・フリー=が、阪急杯・G3(3月1日、阪神)で初重賞取りに挑む。クリノガウディーはデビュー前から調教をつけている相棒で、自身が騎乗した際の連対率は10割とパーフェクトだ。

 先週のフェブラリーSで最低人気のケイティブレイブを2着に導いた長岡同様、普段から調教で特徴をつかんでいるアドバンテージは大きい。「中京記念はすごく悔しかったです。今回、それ以来となるチャンスをいただきました。何とかいい結果を出して、みなさんに少しでも恩返ししたいです」と語気を強める。

 25日の夜にコンビ再結成が決まり、翌朝の最終追い切りを迎えた。「前走の前は調教でもたれる面があったんですが、レース直前に解消。ひと叩きして、トモ(後肢)の踏み込みがしっかりしてきました」と着実な良化が鞍上の緊張を和らげる。

 初の1400メートルとなるが、折り合い面からむしろ歓迎のクチ。「スタートがいいので、出たなりで折り合いに専念します。開幕週ですし、前走のノリさん(横山典)のような競馬ができれば。このメンバーに入っても、上位の能力があると思っています」。22歳の若武者が、1日早い自身の誕生日祝いに重賞初タイトルを添えるか。(玉木 宏征)

 ◆森 裕太朗(もり・ゆうたろう)1997年3月2日、宮城県生まれ。22歳。栗東・鈴木孝志厩舎から16年にデビュー。現在はフリー。JRA通算60勝。158・4センチ、46・9キロ。血液型はAB。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請