ドラフト1位候補の近大・佐藤がオープン戦初戦で1安打1打点 巨人の長谷川スカウト部長「ドラフト1位だろう」

3回、左犠飛を放つ近大・佐藤輝明
3回、左犠飛を放つ近大・佐藤輝明

◆オープン戦 近大5―3佛教大(27日・田辺スポーツパーク野球場)

 今秋ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明内野手(3年)が、佛教大とのオープン戦初戦に「3番・三塁」で先発。3回に左犠飛、6回に右前安打を放つなど、2打数1安打1打点1四球だった。佐藤は「あの場面での外野フライはよかった」と、白星発進に貢献した。

 この日は巨人が2人態勢で視察。長谷川スカウト部長は「(ソフトバンクの)柳田が大学生の時よりもパワーはあるかもしれない。どっちかと言えば、柳田は引っ張り専門だったけど、彼の方が広角に長打が打てる」と、高評価した。「(ドラフト)1位だろう。12人に入ってくるでしょう。大きい(187センチ、93キロ)割にバタバタしていないし、スイングもいい」と、賛辞を並べた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請