【ロッテ】佐々木朗希、27日に初の本格ブルペン投球

キャッチボールする佐々木朗希(カメラ・岩下 翔太)
キャッチボールする佐々木朗希(カメラ・岩下 翔太)

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が宮崎遠征最終日の27日に正規の距離で座った捕手を相手に初の本格ブルペン投球をすることが26日、決定した。

 この日は約15分間のキャッチボールと体幹、ダッシュメニューなどで汗を流し調整。これまで育成に励んできた吉井投手コーチは「体調もいいし、今日のキャッチボールも異常なかったので一度やっておこうと思って」。本格ブルペンを“マウンドでのピッチング体操”と表現し、あくまでもリラックスした状態で感覚を上げさせることが目的だ。キャンプ最終日に行うのも吉井コーチの計画通りで「気分良く投げてくれたらいいなと思います」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請