ボクシング 3月の国内試合中止、延期を各興行主に要請

27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら
27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら
27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら
27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は26日、3月の国内試合を中止、延期することを各興行主に要請する方針を決めた。東日本ボクシング協会はこの日のうちに管轄地区の各興行主に要請し、「基本姿勢はご理解していただいた」という。

 2月28日から3月31日までの間に行われる試合が対象。3月は1日の大阪・和泉シティープラザでの興行を手始めに全国8会場16興行が予定されていた。チャンピオンカーニバル期間中ということもあり、のべ10のタイトルマッチが予定されていた。1日は冨田大樹(ミツキ)―堀川謙一(三迫)の東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦が行われることになっていた。また、17日には東京・後楽園ホールで、王者・岩川美花(高砂)に鈴木菜々江(シュウ)が挑むWBO女子世界アトム級タイトルマッチが予定されていた。一部の興行主からは無観客試合による開催要望が届いており、これについては27日にも協議するという。JBCの安河内剛事務局長は「政府の見解は非常に重い。1か月で収拾がつくのを願っている」と話した。

 なお、27日の東京・後楽園ホールでの興行は予定どおり行われる。主催者は26日、当日入場券の販売は中止するなどの対策・予防についての追加対応を発表した。また、来場に不安を持つ入場券購入者に対しては、当日ライブ配信を行うBOXINGRAISEの視聴アカウントを発行する(チケットの払い戻しはしない)。

 【申込みフォーム】https://pro.form‐mailer.jp/fms/a790e4d1190357

 【名称】DANGAN234

 【放送開始時間】18時

 【サイトURL】https://boxingraise.com/

 【申し込み期限】2月27日10時まで

27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら
27日の試合に向け、前日計量に臨む選手ら
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請