馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

超駆け足です(栗東)

 こんにちは、山本です。栗東にいるというのに、バタバタとしすぎてて、午後6時半から異例のパッチパチすたーと。今日は超駆け足バージョンです。

 ということで、もちろん前振りもございません。本題から入りたいと思います。まずは池江厩舎ですが、アルアインの全妹である【ヒメノカリス(牝、父ディープインパクト)】が栗東に戻ってきました。今後は予定通り、武豊Jとのコンビで報知杯FRに出走します。「大きく変わった感じはないですけどね。チューリップ賞よりはチャンスが高いかなとは思うし、能力の高い馬ですから」と池江調教師は話していました。

 その牝馬の前哨戦でメンバーがそろっているのがチューリップ賞。この日は続々と1週前追い切りを行っていましたが、阪神JFで4着だった西浦厩舎の【ウーマンズハート(牝、父ハーツクライ)】は藤岡康Jが騎乗しました。「動きはよかったですよ。先週の坂路より体を使えていました」と手応えを口にします。新潟2歳S以来の騎乗となるんですが、「相当に脚を使える馬だなと思っていましたが、(当時より)力をつけているなという印象ですね。その分、力むところが出ている感じはします。競馬場でのテンションを含めて、気性をコントロールできれば、いい脚を使ってくれると思います」とのこと。スムーズな競馬で、巻き返しを狙います。

 そうそう、チューリップ賞といえば、松永幹厩舎の【シャンドフルール(牝、父キズナ)】も参戦することになりました。鞍上は福永J。「使った後も変わりません。前走は切れ味勝負になってしまったから」と松永幹調教師は前走のクイーンC5着を振り返っていました。また、こぶし賞で2着だった【ギルデッドミラー(牝、父オルフェーヴル)】は阪神2週目の平場芝1400メートルに向かいます。

 あとは小さなネタを少々。角居厩舎の話題を達人こと吉村記者からの情報提供ですね。あすなろ賞で2勝目を挙げた【ファルコニア(牡、父ディープインパクト)】はスプリングSへ向かうことになりました。鞍上はMデムーロJ。先週の未勝利を勝った【ワイドソロモン(牡、父エピファネイア)】は若葉Sへ向かい、1月に未勝利を勝っている【サトノパシュート(牡、父エピファネイア)】は岩田康Jとのコンビで大寒桜賞へ向かうとのことです。

 友道厩舎ではセレクト5億8000万円馬【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト)】が本日の栗東に戻ってきました。予定通り、若葉Sで権利奪取を狙います。あと、半姉にダノンファンタジーを持つ【アドマイヤベネラ(牡、父ハーツクライ)】は新たに川田Jとのコンビで3月15日、中京の芝2000メートルで初勝利を狙います。ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請