トップ選手30人は東京マラソン前日にシューズチェックへ 米国代表選考会も

東京マラソンは前日にシュースチェックが行われる見通しとなった
東京マラソンは前日にシュースチェックが行われる見通しとなった

 世界陸連(WA)が発表したシューズに関する新規定について、策定に関わった日本陸連の関幸生・国際部長は26日「新ルールができて最初の大規模な大会は(29日の)米国マラソン代表選考会と(3月1日の)東京マラソン。前日のテクニカルミーティングでシューズを提出することになるだろう」と見通しを語った。

 従来のテクニカルミーティングではレース当日の気象条件などを考慮したペース設定や注意事項の周知徹底のほか、チーム名やロゴサイズを確認するためのユニホームチェックなどが行われる。今回の東京マラソンは特殊なケースとして、トップ選手約30人を対象にシューズの厚さが規定範囲の4センチ内に収まっているかも見ることになりそうだ。

 シューズの性能などに疑惑がある場合、審判長はレース後に検査を要求する権利を持っており、内蔵されるプレート枚数は見た目では判断できないことから、レース前は靴底の厚さのみをチェックする。関氏は「今後は(レース前日ではなく)スタート前の招集所で確認することになる。選手に過度な不安や緊張を与えるものではなく、従来通りです」と大きな変更はないことを強調。これまでも走り幅跳びと走り高跳びについては靴底の厚さに制限が設けられており、選手も審判も過敏な対応をする必要はないことを呼びかけた。

 様々な解釈がなされてきた「カスタマイズ」については、ほとんどの場合が「医学上の理由」という点で認められる可能性が大きいという。「靴というのは足を守るというところから出発している。ケガなく競技することが一番。理論武装は必要だが、そのためのカスタマイズは認められるだろう」。選手が診断書などを提出する必要はないが、メーカーや製造者はWAにシューズの仕様書を届け出なくてはならない。

 多くのカスタマイズが容認される見込みとなったことで、「ミムラボ」や各種オーダーシューズも使用可能となる見通しだ。また、4月30日以降は4か月以上市販されることが規定に盛り込まれていたが、4月30日までに発売した商品については適用されないこともWAから通達された。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請