【DeNA】ドラ5田部が中日・松葉からプロ初アーチ「木製バットで打ったことのない感触だった」

7回無死一、二塁、左越えに実戦初となるアーチを放ったDeNA・田部隼人(カメラ・泉 貫太)
7回無死一、二塁、左越えに実戦初となるアーチを放ったDeNA・田部隼人(カメラ・泉 貫太)

◆2軍練習試合 中日2―5DeNA(25日・読谷)

 DeNAのドラフト5位・田部隼人内野手(18)=開星高=が25日、中日との練習試合でプロ初アーチを放った。

 遊撃の守備から途中出場。7回無死一、二塁。松葉の直球を左翼席へたたき込んだ。185センチの大型遊撃手は「木製バットで打ったことのない感触だった」と笑顔を見せた。ドラフト1位の森とは同じ遊撃手。「同じ高卒なのでライバルとして意識しなくはない」と切磋琢磨(せっさたくま)を誓った。

 視察したラミレス監督は「相手は1軍に長くいた投手。キャリアのある選手から打てたのは自信になる」と将来性に目を細めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請