【浦和】GK西川、新型コロナ影響でルヴァン杯延期に「再開したら良いスタートを切れるように準備する」

スポーツ報知
浦和GK西川周作

 浦和の主将GK西川周作(33)が25日、さいたま市内で練習後に取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で26日のルヴァン杯7試合延期の発表を受けてコメントした。

 この日はルヴァン杯・松本戦(26日、埼玉)に向けて非公開練習後、チームミーティングで立花洋一社長から選手に事情が伝えられた。

 松本戦は平日開催ながら2万5000人以上の観客が来場予定だったが、試合前日に中止延期が決定。西川は「選手として明日の試合ができないことは非常に残念ですが、サッカーはたくさんの方がいて試合が開催される。当たり前のことに感謝しなければいけない」としみじみ語った。

 3月15日までのリーグ戦を含む公式戦の開催延期についても、この日の理事会で話し合われる。チームは同杯・仙台戦(5〇2)、J1開幕戦・仙台戦(3〇2)と公式戦2連勝と好調だったが、「この時間をポジティブにとらえて、再開したら仕切り直して良いスタートを切れるように再出発したい。たくさんの方に笑顔を与えられるように全力で準備したい」と前を向いた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×