【西武】松坂が実戦初マウンド 先発で1回2失点

スポーツ報知
西武先発の松坂大輔(カメラ・義村 治子)

◆練習試合 西武―韓国・斗山(25日・サンマリン宮崎)

 14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手(39)が、韓国・斗山との練習試合で移籍後初の実戦登板。先発で1回を投げ、2ラン本塁打を含む3安打2失点だった。

 先頭打者を二ゴロに打ち取る順調なスタートだったが、2番打者に右越え三塁打を浴びると、3番・呉在一に初球を右翼ポール際に運ばれて2失点。2死後に中前打を許して再び走者を背負ったが後続を断ち、追加点は与えなかった。

 松坂は予定通り1回で降板。打者6人に計22球で3安打2失点。球場のスピードガン表示で最速は141キロだった。

野球

×